”レベルの低すぎる自民党新憲法改正案”

 上記記事によりますと、自民党が憲法改正案の策定に入ったそうですが、なんとまぁ財政規律条項を改正案に入れる動きが有力視されているのだとか(怒怒怒)まず最初に一言。あほか!でございますよ。馬鹿らしすぎて論評する気すら起こらない愚策。憲法改正という重大な事項を、政争の具にしようというのですから目眩がします。 上記の記事でうずら氏が「なんで財政出動という、最も有力なデフレ脱却手段を捨てようとしてるんだ!」と書いておりまして、誠にごもっともでぜひともご一読ください。ならば私は別の観点から論じてみようと思います。 金融政策と財政政策というのは「国家の経済主権」であり、経済政策の根本的な重要選択肢であります。すなわちこれを自民党が憲法という国内最高法で縛ろうとすることは、すなわち自ら経済主権を捨てる愚行を検討しているという話です。 ちなみにいくら憲法で財政規律条...

ご支援くださる方はクリック→