リフレ派の吐く大嘘

『アベノミクスと雇用について』(2017年01月09日BLOGOSabz2010氏)http://blogos.com/article/205039/「アベノミクスが期待外れな結果しか残せていないことについてはいまや多くの人々が同意する所となりつつあるが、その一方で今も「アベノミクスは成功したんだ!」と主張する人々が強調するのは雇用の改善である。(中略)アベノミクス支持派の主張は、「失業率だけをみれば確かにアベノミクスの成果は見えないが、労働力人口や就業者数を見れば、アベノミクスが雇用を大きく改善したことは明らかであり、同じ失業率の改善でも民主党政権下とアベノミクス以降では中身が異なる」というものである。(後略)」上記コラムに目を通すと、執筆者のabz2010氏は、アベノミクスは期待外れに終わったという立場から、リフレ派による「アベノミクスは大成功」、「インフレ・ターゲット政策の真の目的は...

ご支援くださる方はクリック→