シングルマザーの苦労

今日はこんなコラムです。 子持ちデートは驚くほど進展しません!【シングルマザー妊活】 日本では年々晩婚化が進んでいますが、女性には出産できる年齢に限界があります。ですから女性には若いうちに結婚・出産をしていただきたいわけですが、一方で離婚率はわかいうちに結婚したカップルほど高いという統計もあります。 無理して不幸な結婚を続けるのもよくありませんので、離婚をくい止めるような政策というのは難しいように思います。 しかし、離婚してしまうとその後の出産のチャンスはかなり限られるわけです。本人が望むなら再婚して出産してくれたほうが、少子化対策としてはよいわけです。 シングルマザーにとって、再婚にあたりどのような障害があるのか、垣間見ることができるコラムです。 紹介されているのは、「子供が病気になると仕事に穴が空いてしまう」、「男性とデートす...

ご支援くださる方はクリック→