中間層についての統計の必要性

金曜日は、secretary-of-japan氏のコラムです。本日は「中間層についての統計の必要性」という稿をいただいております!!!



人気ブログランキングへ



私は、日本経済が完全に復調するためには、日本の中間層が経済的に豊かになり、その層が増加していくことが重要であると考えています。これは、民主党なども同じ考えで、この点では民主党の政策は正しかったと考えます。(なお、自民党は中間層という言葉を公約では使いませんし、共産主義者は、中間層を虚偽意識にとらわれて労働者階級の主体的形成を妨げているものとして忌避します。)

ところが、その中間層の実態が見えてきません。実は、中間層が減少していることを示す統計がどれであるのかということは政府も経済学者も含めて、定義していません。厚生省では、世帯収入500万円以下の世帯数の増加を持って中間層が減少していると推測している...

ご支援くださる方はクリック→