②労働組合は古典派経済学者たちを論破しろ

②労働組合は古典派経済学者たちを論破しろ

労働基準法の冒頭は、次のように述べています。『第一章総則(労働条件の原則)第一条労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。2この法律で定める労働の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない。』これは憲法第二十五条第一項の「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」という規定と同様の宣言的規定です。日本国憲法第二十七条第二項には「賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。」と定められており、これを受けて、当時の立場の弱い労働者を保護するため、実際に定められた法律が労働基準法です。労働基準法の第一条は、「労働者が人たるに値する生活を営む」...

ご支援くださる方はクリック→