保育園収容力の将来

今日はこんな記事です。 現定員で推移したら…2030年保育所過剰と待機児童深刻化の自治体はどこ? 総務省が2016年10月に発表した平成27年国勢調査確定値で、大正9(1920)年の調査開始以来、初の減少に転じた日本の総人口。厚生労働省がまとめた人口動態統計の年間推計でも2016年生まれの子どもの数は1899(明治32)年の統計開始以来、初めて100万人を割り、98万1000人にとどまる見通しであることが明らかになりました。

各自治体は少子化対策として、保育サービスの充実に取り組んでいますが、このまま人口減少が進むと、待機児童の問題はどのようになると考えられているのでしょうか。内閣府がまとめた「地域の経済2016―人口減少問題の克服―」からみていきます。 保育園不足が叫ばれていますが、それは大都市の話で、待機児童がゼロの地方も少なくありません。さらに、地...

ご支援くださる方はクリック→