<社説>英のEU離脱 世界経済萎縮を懸念する – 琉球新報


<社説>英のEU離脱 世界経済萎縮を懸念する >>記事全文
琉球新報
そもそも所得格差の拡大は1980年代の新自由主義がもたらした産物である。米レーガン政権と英サッチャー政権は富裕層の減税を進めた。富裕層が対象の最高税率を米国は70%から28%に、英国は83%から40%へ下げた。 その結果、所得と資産が富裕層に集中するよう ...

ご支援くださる方はクリック→