東京都の高校授業料無償化

小池都知事が進めた私立高校の無償化救われるのは誰か
入学金や授業料の高さから受験を諦める子供も多かった私立高校だが、自治体支援により“無償化”の動きが広がっている。東京都は世帯年収760万円未満の都民を対象に、独自の給付型奨学金を拡充。2017年度より私立高校の授業料を実質無償化にする方針を決めた。≪続きを読む≫[アメーバニュース] 東京都の私立高校授業料無償化の話題です。無償化そのものにはそれほど批判はないように思いますが、問題は無償化のラインが世帯年収760万円に設定されたことでしょう。誰が得をするのか、そして、このブログとしては少子化対策に貢献するのか、ということが気になります。 今日のインタビューは主に進路選択の視点から議論しているので、少子化対策に関してはあまりよくわからない、という感じです。 結局のところ、よく言われているように、公立高校を落ちて...

ご支援くださる方はクリック→