分断主義者の負け惜しみ

昨日から、報道各局は、トランプ新大統領の就任のニュースを大いに批判的な視点から報じている。筆者も、マスコミの負け惜しみの連呼を酒の肴に一杯やっていたが、今朝の新聞にトランプ大統領の就任演説の和訳が掲載されているのを目にした。『トランプ大統領就任演説(日本語訳と全文)』(河北新報online1/22)http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170121_71022.html正直に言って、彼がこれほど心を打つ演説ができるとは思わなかった。この名文に綴られた内容を、この先、彼がどれくらい実践できるかは不明だ。就任早々に心変わりし、あるいは、対抗勢力の抵抗に遭ってビッグプロジェクトが頓挫させられるかもしれぬ。だが、一言だけ言えるのは、「この演説を贈られた米国民は幸せな国民である」ということだ。演説の前半から中段にかけて、彼は次のように述べた。『今日の...

ご支援くださる方はクリック→