金融緩和政策の最大の功績は、”リフレ派を黙らせたこと”

 今回は金融緩和政策の成果を主張するブル二郎さんの論説を取り上げ、私見を述べてみたい。(http://ameblo.jp/7733aaa/entry-12238511815.html) ブルさんの主張は次のとおりだ。 「1)貸出増加・・・量的な問題だけであれば、日銀国債保有400兆なんてのは不要です。まあ30とか50兆で十分でしょう。ちなみに経済学者や評論家がいう「流動性の罠」は単なるデマですが、資金需要及び貸出増加に限界があるのも事実・・・ここはすでに過去に書いたけど、その内気が向いたら書きます。 2)イールド形成(金利水準形成)これは効果抜群。長期金利はほぼ0。日本全体で10兆程度の金利負担軽減効果があります。 3)PB改善現在長期国債の新発金利はほぼ0。異次元緩和のお蔭で政府の国債利...

ご支援くださる方はクリック→