日本に英雄が現れないわけ

トランプ大統領が就任しまして、これはアメリカにとっては少なくとも良いことであろうと思っています。現時点ではトランプは製造業の復活を示唆し、行き過ぎた自由貿易をアメリカの国益に叶うものに変えようとしていると見えますし、そして現在のアメリカにはまだその交渉をするだけの国力がありますから、十分に現実的な対応といえると思います。アメリカの白人層、もしくは製造業に携わる人、もしくは質の悪い雇用しか得られない人にとって、トランプは正に「英雄」に写っていることと思いますし、私もやや羨ましいのが正直なところです。 しかし忘れてはならないのはトランプが大統領になった経緯は、決して平坦ではなかったし、むしろ最初は「トランプという色物候補が勝つ訳がない」と世界中から思われていた、という事実です。トランプの戦略性は確かに巧妙で、歯に衣を着せぬ発言で話題を作り、それによって良くも悪くもクローズアップされた...

ご支援くださる方はクリック→