愛国心より愛着心、忠告心

最近もうね「愛国心ってなんやねん!」なのでございます。「どんなに愛しているかを話すことができるのは、すこしも愛してないからである。」byペトラルカなのでございまして、やたらと愛国心!とか言ってる連中は、実は日本を少しも愛してないんじゃね?と疑念フツフツなのですよ。 愛は盲目なんて言われますが、冷めることもある、これってどういう意味かってーと「色眼鏡で見る」ことなんだろうと思うんですね。中国での暴動で度々叫ばれる「愛国無罪」なんて正にその典型で、まぁ中国の場合はこう叫んどかないと逮捕される、という意味もあるんでしょうが。また韓国もたまに「韓国に対する愛は無いニカ!!!」と絶叫しますが、これも「色眼鏡で見ろ!」と訳すると非常にスッキリします。もし愛国心の愛が「家族に対するもののようなもの」だとすると、むしろそれは情だとか言い表されるものだと思いますので、情国心なんて言ったほうがいい...

ご支援くださる方はクリック→