米中の戦争は起こるのか?

トランプ大統領は対中強硬路線どころか、一つの中国という「今までアメリカが踏み込んでこなかった領域」についても踏み込んでいます。これに対して中国は態度を硬化させ、抵抗を試みることは明らかでしょう。中野剛志氏の著書、富国と強兵に出てくるトゥキディデスの罠という状況が「日本を挟んで出現しようとしている」のかもしれません。 トゥキディデスの罠とはどういうものか?トゥキディデスの罠(Wiki)こちらでも解説されていますが、現在の覇権国家と台頭する新覇権国家がある場合、新しい覇権国家は国際ルールを自分の良いように変更しようとし、それに対して現在の覇権国家が「今なら叩き潰せる」と戦争を仕掛ける、そういった正にパワーポリティクスな状況のことです。まだ購入していないのですが「米中もし戦わば」というトランプ政権の外交顧問、ピーターナヴァロの著書だということなんですが、Amazonで見たところによると...

ご支援くださる方はクリック→