「フランスを古臭い規制の封鎖から解放する」マクロン政権の1年に見る“小泉純一郎節” – ニフティニュース


ニフティニュース >>記事全文

「フランスを古臭い規制の封鎖から解放する」マクロン政権の1年に見る“小泉純一郎節” >>記事全文
ニフティニュース
小泉元首相やブレーンだった竹中平蔵氏らが拠って立っていたサッチャー、レーガン以来の新自由主義(ネオリベラリズム)は、「民営化と規制緩和は善。公共(官)は悪。自由にすれば市場原理がすべてを解決する」という一種の“信仰”である。そこでは、人は出発点において平等だが、努力が足りないから貧乏になる ...

ご支援くださる方はクリック→