単なるパフォーマンスにしか見えない巡航ミサイル保有

 皆様、新年明けましておめでとうございます。今年最初のコラムでは我が国の敵基地攻撃能力保有について考えていきたいと思います。なお、私は専門家ではないので下記の内容はあくまで素人の見解であることはあらかじめご理解の程お願いします。もし、軍事関係の専門家の方がご覧になっていらっしゃいましたら、コメント欄等にご意見を頂けると幸いです。

 さて、政府は平成30年度予算案に北朝鮮の核・ミサイルや対中国の島嶼防衛を念頭に日本海上空から北朝鮮本土までとどく射程約500キロの空対地・艦巡航ミサイル導入経費を計上するそうです。私は、敵基地攻撃能力保有に関しては基本的に賛成の立場ですが、今回の巡航ミサイル保有の決定は安倍総理の単なるパフォーマンスのように感じられます。そもそも、巡航ミサイルだけ保有したところで、北朝鮮が日本全土を弾道ミサイルの射程内におさめそれに搭載可能な核兵器を保...

ご支援くださる方はクリック→