②反新古典派経済学・反新古典派総合・反ニューケインジアン

②反新古典派経済学・反新古典派総合・反ニューケインジアン これからの経済学において重要なことは、理論や政策をあれこれいじって、見た目の美しい料理の配膳のように並べることではなく、理論や政策の一つ一つにどのような危険が潜んでいるかを発見することです。つまり、美しく並べられた料理をひっくり返して毒見をすることが必要なのです。 ケインズが発見したことは、この世には科学的で合理的な人間というものは存在せず、まず政府の定めた制度によって、思考や感情が支配され、その中で国民性が形成されるということです。つまり、この世には、制度の中で創り上げられた人間が存在するだけです。ケインズの関心は専ら人間の経済的行動に向けられています。税制、社会保障制度、金融制度といった諸制度が国民性の形成に影響を与え、そして、国民性は消費性向と貯蓄性向に影響を与えます。制度が人間の心理に影響を与えるという...

ご支援くださる方はクリック→