政策評価は、エビデンスに基づくことが必要だ

今日はこんなコラムです。 政府の教育無償化政策は「思いつき」に過ぎないといえる理由 政府の教育無償化政策に対する批判です。 批判の内容はちょっと的外れだと思うんですけどね。 というのは、著者は「教育無償化が経済成長に与える効果」を基準に批判をしているのです。 私が知る限り、現政権が「教育無償化をする理由」として「経済成長」を挙げていたようには思わないのです。 教育無償化の意義は、「少子化対策」と「貧困対策」であったと思います。後者は「教育の機会均等」ですよね。 経済成長を目的としているわけではないのに「経済成長に効果がないからダメ」、と言われても困りますよね。 が、そこを除くとこのコラムはよい考察です。なぜこの政策が「経済成長に結びつかないのか」を、データを示して論じています。 こういう、「エビデン...

ご支援くださる方はクリック→