憲法と歴史と左右の主張の非整合性

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ日本国憲法の簡単な歴史的経緯日本国憲法の成立の経緯はよく右派からは「アメリカから押し付けられたものである」、左派からは「いやいや、これは正式なものである」と解釈のちがう歴史的経緯が存在します。wikiからざっと引いてみます。1945年(昭和20年)8月15日に、ポツダム宣言を受諾して連合国に対し降伏した日本政府は、そこに要求された「日本軍の無条件降伏」「日本の民主主義的傾向の復活強化」「基本的人権の尊重」「平和政治」「国民の自由意思による政治形態の決定」などにより、事実上憲法改正の法的義務を負うことになった。そこで連合国軍占領中に連合国軍最高司令官総司令部の監督の下で「憲法改正草案要綱」を作成し[1]、その後の紆余曲折を経て起草された新憲法案は、大日本帝国憲法73条の憲法改正手続に従...

ご支援くださる方はクリック→