専業主婦は目の敵か

今日はこんなコラムです。 専業主婦は「子育てがすべて」という考えの残酷さ 何というか、要約しにくい文章です。無理矢理要約してみましょうか。 ・今の日本では、専業主婦は子育てを専業にする女性のこと・(子供が少ないので)専業主婦にとって子育ては「絶対に失敗できないプロジェクト」である・しかし、母親がいくら頑張っても子どもは思い通りに育つわけではない・日本では、母親だけが子育ての責任をすべて負わされている・「専業主婦でなければ正しい子育てはできない」というイデオロギーは、逆にいえば「子育てに失敗した専業主婦には存在意義がない」ということ 結論は書いていませんが、「専業主婦は酷い選択肢だ」といいたいのだと思います。 うーん、この要約では意味わかりませんね。 しかし、実は全文読んでも意味がわからないのです。というか、論理がつながっていない...

ご支援くださる方はクリック→