人口至上主義の弊害と住宅過剰社会(補足)

過日拙ブログでは、野澤千絵著『老いる家崩れる街住宅過剰社会の末路』を取り上げました。
https://ameblo.jp/datoushinzoabe/entry-12342233629.html


特に触れなかった問題として、超高層マンション、いわゆるタワーマンションに関するものがあります。

なんと、東京都内においては、いわゆるタワーマンションが約550棟もあるそうです。
この乱立も、都市計画の規制緩和に起因しています。東京都中央区においては、そのほとんどが容積率等の都市計画規制を大幅に緩和することが可能な「再開発等促進区を定める地区計画」の区域だとのこと。

再開発等促進区の概要については、こちらで見ることができます。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/seido/kisei/68-3saikaihatsu.ht...

ご支援くださる方はクリック→