組合員のために行動しないなら農協はいらない

本日水曜日は、ふるさとを守りたい、子供達の未来を守りたい様の寄稿コラムです! 農協にたいする”改革”を安倍政権は実行しましたが、農協は日本の農業に向いていて欲しいと思うのは筆者だけではないでしょう。しかしその農協の職員までもがグローバリズムにかぶれたら・・・?協同組合という”コミュニティ”までもが自己破壊を起こすのか?ぜひとも触れるべきニュースを取り扱っておられます! 人気ブログランキングへ組合員のために行動しないなら農協はいらない~ふるさとを守りたい、子供達の未来を守りたい様農業協同組合の存在意義は、組合員である農家の利益最大化にあるのはいうまでもない。今、安倍政権は国内外の大企業や投資家等の「1%」の利益のために農家や大多数の国民に犠牲を強いる農協改革(解体、改悪)を推進しているが、私は一国民として、農協が大多数の農家と日本国民の利益のために行動し続ける限りは、農...

ご支援くださる方はクリック→