③富裕層を優遇すればトリクルダウンが起こるというタワゴト

③富裕層を優遇すればトリクルダウンが起こるというタワゴト いま、自民党政権において、労働者の賃金を上げるために法人税を減税するという言説が広まっています。これはどういうことでしょうか。自民党政権の力説するところでは、純利益を守ってやれば、企業はその純利益によって人件費を上げたり、雇用を拡大すると言っています。これはこういう理屈です。例えば、純利益が100万円あったとします。法人税が40%課税されると40万円を差し引いた60万円が株主の取り分になります。この純利益100万円に課税しなければ、この全てが株主のものになりますが、そのとき、おそらく株主は80万円だけを受取り、残りの20万円を賃金に上乗せして支払うであろうというのです。しかし、これは変です。なぜなら、どうしても純利益が出る場合にいくらかでも賃金に上乗せして支払わせたいのなら、つまり、ボーナスを出させたいのなら、それを条件...

ご支援くださる方はクリック→