中国の少子化

今日はこんな記事です。  「一人っ子」廃止でも出生減=少子化止まらず―中国 短いので、全文引用します。 中国の国家統計局は18日、2017年に生まれた子供は前年に比べ約60万人少ない1723万人だったと発表した。「一人っ子政策」が廃止された16年は出生数が増加していたが、専門家は政策変更の効果が薄れたとみている。統計局によると、16年の出生数は前年よりも約130万人多い1786万人だった。中国では00年以降、少子化の流れが顕著となり、この傾向を転換するため一人っ子政策が緩和され、16年からすべての夫婦に2人の子供が認められることになった。 かつて中国は人口増加が著しい国で、当局は一人っ子政策を採用しました。人口増加は鈍りましたが、今度は少子化が始まったので、一人っ子政策を緩和したということです。 で、出生数は緩和された年は130...

ご支援くださる方はクリック→