西部邁さん死去、貴重な思想家を日本は失う

 >>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ西部邁先生、死去西部邁が自らの運命を予告か「ある私的な振る舞い」の意味衆院選で延期「迷惑はできるだけ少なくせねば」   西部さんは『保守の真髄』の「解題――序に代えて」の中で、利き手の右腕がますます激しくなる神経痛で、78歳にして字を書けなくなったことを明かし、「あとがき」では、口述筆記をしてくれた娘に「僕の最後のものとなる著述を助けてもらって、大いに楽しかったし嬉しくもあった」と感謝。「ともかく僕はそう遠くない時機にリタイアするつもりなので、そのあとは、できるだけぼくのことは忘れて、悠々と人生を楽しんでほしい」と別れをほのめかす言葉を記していた。   さらに「ある私的な振る舞い」を予定していたが、「予定日に衆...

ご支援くださる方はクリック→