「共闘の時代」にふさわしく – しんぶん赤旗


「共闘の時代」にふさわしく >>記事全文
しんぶん赤旗
新自由主義」の国際的な司令塔であるIMF(国際通貨基金)の「対日審査」も、3%の賃上げを提言しています。破綻した「アベノミクス」に代わる道は、賃上げしかないからです。もちろん財界の基本的立場はあくまで「自社の支払い能力」の範囲内です。それを突破できるのは、国民の団結の力、社会的な力しかあり ...

ご支援くださる方はクリック→