安倍とチャイナと嫌な予感

先立たれた奥様のことや、ご自身が抱えられた御病気のこともあったのでしょうが、西部氏の自死の記事を読んだとき、私達日本人が見捨てられた感に私は襲われました。 この寒空の中、冷たい川に飛び込んででも奥様の元へいかれようとする位、今の日本の世には執着心がなかったということなのですから。 西部さん、奥様とおいしいお酒を飲みながら、「ほんとジャップは救いようがねえな」と、あの優しい眼差しで、私達日本人の醜態を見守っていてください。 私が一番笑われる生き様と記事を晒しますんで。  現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です ↓忘れずにクリックをお願いいたします<(__)>
人気ブログランキング「進撃の庶民推奨ブログ」進撃の庶民が...

ご支援くださる方はクリック→