「人権屋」の標的になりやすい弱腰日本、無知な日本はロヒンギャを入れてはいけない。日本が壊れる!

本日は、ナスタチウム様の記事から!イスラム教の教義というか教徒というのはなかなか厄介なようです。もちろんながら近代概念の中には「信教の自由」があるわけですが、これは「お互いに信教の自由を認めている」という前提条件がつくのだと思います。どういった事件が世界では起きているのか?日本では報道されないニュースをご紹介頂いております。現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!「人権屋」の標的になりやすい弱腰日本、無知な日本はロヒンギャを入れてはいけない。日本が壊れる!ロヒンギャに必要なのは『援助』よりも『より少ない子供』マクロン大統領がアフリカ人にどれだけ支援するつもりか聞かれた際に答えたことと同じことがロヒンギャにも言えます。バングラ当局、ロヒンギャ難...

ご支援くださる方はクリック→