①土地固定資産税ではなく建物固定資産税のほうが地価を下げる

①土地固定資産税ではなく建物固定資産税のほうが地価を下げる  地方の田舎町では、地価の下落が二十年間止まりません。この地価の下落の恐ろしさは、中小企業経営者ならほとんどの者が実感しているものと思われます。つまり、資産価値が下がることで、中小企業や国民が担保力を喪失し、金融機関から融資を受けることができなくなるのです。このことは、とりわけ中小企業経営者なら誰でも身に染みて感じています。しかし、人の良い中小企業経営者は、過去の地価に頼った繁栄は間違ったことで、現在の状況も身から出た錆であり、今後も望んではならないのだと自分に言い聞かせています。日本の経済学者やマスコミは、伝統的なマルクス主義者が多く、土地の保有はブルジョアジーが地代によってプロレタリアートを搾取するための手段だから、地価の下落は歓迎すべきことであるというスタンスがあります。公共の場で政治家が土地がらみの発言...

ご支援くださる方はクリック→