緊縮財政と外需依存の政治力学

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへデフレ下での緊縮財政の政治力学今日は政治力学的には「緊縮財政と外需依存がデフレ下、もしくはそれに近い状況では成立するのでは?」という話をしたいと思います。これは「この1年が緊縮だったから」という短期的な話ではなく、中長期的には緊縮財政は外需依存度を高める、そういう政治力学が必ずや働くだろうということです。したがって経済学のいうところのISバランス(貯蓄投資バランス)などとは、また別物のお話になるかと思います。 非常に単純な話なのですが、デフレという国民貧困化現象の中で緊縮財政をするということは、当然ながら「それ以外の何か」で経済拡張を求められる、という政治力学が通常でしたら働くでしょう。少なくともGDPは維持したい、というのは政治家の本能のようなものです。もっともユーロ圏の...

ご支援くださる方はクリック→