シングルマザーをどう救うべきか

今日はこんなコラムです。 母子家庭を生活保護から切り離しては? 生活保護費の額が減らされることになり、そのままでは母子家庭が困る、というのが主旨です。 母子家庭の貧困率が高い、というのは現在でも大きな問題です。母子家庭の生活保護費を下げれば問題が改善するどころか悪化することは目に見えています。 著者の提案としては、以下の記述があります。抜粋です。 母親と子どもにとっても、日本の社会と納税者にとっても、もっとも望ましいのは母子家庭の収入を最大化するような制度です。そのためには保育園や託児所の充実など、母子家庭の母親が独身女性や共働きの母親と同じように働ける環境をつくっていくことが必須です。 <中略> いま必要なのは、負のイメージしかない生活保護制度から母子家庭を切り離し、子どもを連れて離婚することがハンディキャップにならな...

ご支援くださる方はクリック→