TPPへの挑戦~第12回~

金曜日は、secretary-of-japan氏のコラムです。シリーズで『環太平洋パートナーシップ協定』をテーマにした『TPPへの挑戦』を当面の間、毎週頂き掲載する予定になっています。



人気ブログランキングへ



前回の稿でソウルメイト様から以下の質問を賜りました。
「交易もしくは、通商というものが利益をもたらすのは、自国において産出することの不能な石油や天然ガス、あるいは原料等を輸入することによってまかなうことができ、その輸入代金を何らかの輸出によって稼ぎ出すことができるからでしょう。

しかし、工場を自国から他国に移して、自国で産出可能な工業製品を輸入することで、労働コストを利益に置き換えるようなことは、望ましいものではないのではないでしょうか?また、投資は、本来、国内において活用されて初めて国力や民力の増進につながるはずで、ただただより大きな利潤を求めて...

ご支援くださる方はクリック→