感応度の低い政策をいくら打っても意味がない

日銀黒田総裁は、4日に都内で開かれた生命保険協会の新年の会合に出席し、念願の物価目標達成に向けて、「できることは何でもやり、2%の物価目標上昇は必ず実現する」と述べ、今後の金融政策について、「必要と判断すれば、さらに思い切った対応を取る」と強調した。黒田総裁は、先月24日の経団連の審議員会でも「(目標達成のために)できることは何でもやる」と言い切っているが、新年早々これに続く強気発言をした裏には、前回の黒田バズーカ3が、あまりに不評だったことへの反発や一部で囁かれている“緩和限界説”を払拭する狙いがあると言われている。1月5日付日経新聞のコラムでも、『物価2%「思い切って対応」日銀総裁一段と強調』という表題を付して取り上げられているが、コラムによると、総裁の積極的な発言の背景には、“緩和観測が薄らげば、4年間続いた円安・株高の流れにブレーキがかかり、デフレ脱却が難しくなるとの危機感...

ご支援くださる方はクリック→