「幸せへの期待値」を高めることが若者世代に対する責任

新年に、17~19歳の若者世代に関するとある新聞の特集記事を目にした。
記事は、今夏の参議院議員選挙から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられることを踏まえて、昨今のハイティーン層(もっとマシな呼び名はないものか…)の意識や行動などを評した内容だった。記事によると、17~19歳の若者世代110名に意識調査をした結果、安保関連法案への反対運動で一躍有名になった「SEALDs」の活動に「共感する」と回答したのは、たったの17%に過ぎず、「共感しない」が42%にも上ったほか、40%が「知らない」と回答したそうだ。
街頭で10代の若者に聞いたところ、「戦争とか安保法とか、身近じゃない」、「そこまで頑張る意味って何だろう」と軽くいなされたとのこと。あれだけ世間を(悪い意味で)賑わした現代版の反安保闘争も、若者の手に掛かってしまうと、「知らない(=興味がない)」の一言であっけなく片づけら...

ご支援くださる方はクリック→