平成27年補正予算は少子化対策にどれだけ貢献するか

「『少子化対策に役立つ政策ランキング』を期待しています」というコメントをいただきました。

コメントの意図に沿っているかどうかわかりませんが、現政権が考えている個々の政策がどれだけ少子化対策に有効か、ということを考えてみたいと思います。

内閣府による、平成27年度補正予算についての説明がこちらにあります。

第二の矢:夢をつむぐ子育て支援:「希望出生率1.8」に直結する緊急対策
(主なもの)
○不妊治療への助成拡充7億円
○地域における結婚に向けた活動の支援等36億円
○小児・周産期医療体制の整備促進20億円
○「待機児童解消加速化プラン」の推進511億円
○保育士確保対策の推進726億円
○保育士の給与体系の見直し93億円
○三世代同居・近居促進161億円
○学校施設等の耐震化、トイレ・空調整備等438億円
○子供の未来応援地域ネットワーク形成支援等2...

ご支援くださる方はクリック→