東京の待機児童の実態

今日はこんな記事です。

保育所に入れない!悲惨すぎる待機児童の実態…百人待ち、無認可すら入れず会社辞める

待機児童は少子化対策にとって大きな問題ですが、地域差があります。詳しくはこちらに書きましたが、待機児童がゼロの都道府県もあれば、数百人かかえている都道府県もあります。

そのなかで、東京都の待機児童数は8000人と突出しています。これは4月の数字なので、10月になれば1万人を超えていることでしょう。

記事の前半では待機児童を抱える母親の実態が生々しくレポートされています。

後半では、保育所の運営側へのインタビューが載っています。待機児童の数だけ保育所の数を増やしても、それ以上に潜在的な待機児童が存在するため全く追いついていないとのことです。

さらに、保育所を作る上での問題点もあります。よくまとまっていると思いますので、以下引用します。

「そもそも...

ご支援くださる方はクリック→


Fatal error: Allowed memory size of 163577856 bytes exhausted (tried to allocate 72 bytes) in /home/soukorin/www/anti-neoliberalism/wp-includes/wp-db.php on line 2258