日本経済を救う道

お正月も明け、ようやく新年が動き始めました。
皆さん、如何お過ごしでしょうか。

私が皆さんに是非、知ってほしい、理解して頂きたいと思うことは、『積極財政こそが、日本 を救い、立 て直すが出来る。緊縮(節約)財政こそが、日本をダメにする』ということです。

皆 さん、考えてもみて下さい。
皆さんの家計で考えてみましょう。
「借金しないように」「お金 を貯める為に」と、家計を切り詰め、節約して、緊縮家計にすると、どうな るでしょうか。 や りたいことも出来ず、買いたいものも買えず、日々ストレスが溜まりますよね。

そして、これ を皆さんがやり始めると、どうなるでしょうか。
世の中のモノが売れなくなり、企業の業績は 悪くなり、企業は首切りや賃下げといったリストラを行わざ るを得なくなります。 すると、ま すます、モノが売れなくなり、企業の業績は悪くなります。労働者=消費者ですから、労働者 が貧しくなることは、消費者である国民が貧しくなることなのです。
こうして、緊縮すること は、デフレを起こし、デフレスパイラルを招き、経済を悪化させ、国民を貧しく するのです。

それでは、国が緊縮予算を組んだら、どうなるでしょうか。
デフレはますます悪化し、国民の 為の事業や行政サービスが削られ、経済はますます落ち込み、国民生活 はますます貧しく不便 になることでしょう。

国は、個人のお金の使い方を規制することは出来ません。
だからこそ、国は、国 民の為、国民生活の為 に、積極的に財政出動を行って、国民生活の向上と経済成長の為に尽く さなければならないのです。


このユーザーがいいねしています

  • コテヤン@どうやら管理人
  • charleyace

「日本経済を救う道」のコメント一覧

  1. 1
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    本当にその通りで、結局のところ国内でGDPの要素足り得るのは個人、企業、政府の3種類なんですよね。
    個人にも企業にも「不景気だから金使え!」が出来ない以上、政府が財政拡大をするしかないのが当然の帰結なんですが、主流派経済学者は色々屁理屈を弄んで「それはダメ~」とストップをかけてるのが現状ですねぇ。
    きっと脳みその代わりに天津甘栗でも詰まってるんでしょう…w

  2. 2
    holyfirework 灯火  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん

    コメントありがとうございます。
    そうなんですよね。個人や企業のお金の使い道は規制出来ない上に、先行き不安な時ほど、個人も企業も、お金を使わずに抱え込もう溜め込もうとするわけです。そして様子を見ながら、チャンスを待つ。
    個人でも企業でも、これが普通の考え方であり、とる行動ですが、みんな使おうとか借りようとかしないから、どんどん金融機関に預貯金が積み上がるだけで、お金が市中の循環から切り離されてきちんと回らなくなってしまいます。

    これこそがまさに合成の誤謬で、民間にどうにも出来ないのなら、政府がやるしかないのです。