平成28年度予算は少子化対策にどれだけ貢献するか3

昨日の続きです。

内閣府による説明がこちらにあります。今日は残りの5項目です。数字は億円。()内は、昨年度予算との比較です。

○不妊治療への助成拡充158(27)
初回治療の助成額15万円を30万円に拡充(治療費の約50%→約100%相当)。男性不妊治療を実施した場合に15万円を上乗せ助成(治療費の約50%相当)。(補正予算案で前倒し措置7億円を別途計上)
○妊娠期から子育て期までの切れ目のない支援28(7)
子育て世代包括支援センター(いわゆる日本版ネウボラ)を核として、地域の関係機関が連携して、妊娠期から子育て期に渡る切れ目のない支援を実施する仕組みの整備。
○多様な保育サービスの充実(企業主導型保育事業等)835(新規)
事業主拠出金の引上げによる事業所内保育や病児保育等の運営費・整備費支援の創設。
○保育人材の確保・育成414(349)
ベテラン保育士の下...

ご支援くださる方はクリック→