包丁を研げば料理の味が旨くなるという妄想

昨年12月24日に開催された経済財政諮問会議に「平成28年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度(平成27年12月22日閣議了解)」なる資料が提出されている。同資料は、平成28年度の主要な経済指標の見通しを数値で示したもので、実質GDP成長率1.7%程度、名目GDP成長率3.1%程度、消費者物価(総合)1.2%程度の上昇を見込んでいる。無論、これらは、例のGDP統計方法の変更(研究開発費の計上)による“嵩上げ”を加味したものだろうが、これまでと違い、「アメリカの金融政策の正常化が進む中、中国を始めとする新興国等の景気の下振れ、金融資本・商品市場の動向、地政学的な不確実性等」を認めており、いわゆる“外需依存”から脱却した表現となっている。ちなみに、実質経済成長率に対する外需の寄与度は▲0.1%程度と、早くも諦めムードを漂わせている。(その割にTPPの効果試算では、今後の外需効果...

ご支援くださる方はクリック→