三世代同居は有効か

今日はこんなコラムです。

伝統的家族の復権は少子化問題を解決するか?

現政権は少子化対策の一環として、三世代同居の促進を目論んでいます。これに対する専門家の批判です。

乱暴に要約してみました。

・これまでの政府の少子化対策は効果がなかった。
・三世代同居と出生率の間にプラスの関係があることを示すデータが存在する。
・コラムの著者の研究では、親との同居は近居に比べて、親との精神的な関係があまりよくない。

著者の結論は、以下です。

「伝統的家族の復活は少子化問題を解決するか」という問いについては、私自身は「むしろ逆である」と考えています。

私もこの意見に賛成です。コラムの著者によれば、近居はよさそうなので、同居よりは近居を促進したほうがいいのかもしれません。



ところで、このコラムには、都道府県別の出生率と同居率の関係があります。示さ...

ご支援くださる方はクリック→