多国籍企業の租税回避防止について③

海外子会社との取引価格やコストを操作し損失を計上するなどして税額を抑制する手法、いわゆる移転価格による租税回避に関して、興味深い記事を見つけましたので、少し前のニュースではありますが紹介します。

ベトナムでの多国籍企業であるコカコーラ社(コカ・コーラ・ベトナム)の話です。
http://www.viet-jo.com/news/economy/140618013155.html
http://news.nna.jp/free/news/20151023icn014A_lead.html


なんと1994年にベトナムへの進出以降20年以上にわたって赤字決算を続け、法人税などを納めていなかったとのこと。現地では不買運動にも発展しています。

それに対して、同社の副会長は、人件費は他国より安いが総コストは全く変わらないと反論。「ベトナムで工場一か所にかかる費用は、米国とほと...

ご支援くださる方はクリック→