無精子症でも赤ちゃん

今日はこんな記事です。

通説覆す、無精子症でも赤ちゃん112人の誕生に成功福岡のセントマザー医院

体外受精による出生数は、全出生数の4%程度で、不妊治療は無視できない数字になりつつあります。が、成功率が1件あたり10数%とたいへん低いのが現実です。

不妊の原因は多様ですが、記事によれば、不妊全体の原因の半分は男性にあり、精子に異常がある男性は10人に1人だそうです。無精子症は100人に1人、無精子症全体の8割が精巣で精子がつくられない「非閉塞性」の無精子症、残りは、精子は正常につくられるが精子の通り道の精管がふさがっている「閉塞性」なのだそうです。

こちらの記事では、男性の不妊治療にかかる経費が紹介されています。検査費用が数千円~1万円、治療費は数十万円かかるそうです。

今日の記事は、無精子症であっても精子に成熟する前段階の「前期精子細胞(円形精子細胞)」を...

ご支援くださる方はクリック→