『資本主義という病――ピケティに欠けている株式会社という視点』奥村宏著 – PRESIDENT Online


PRESIDENT Online >>記事全文

『資本主義という病――ピケティに欠けている株式会社という視点』奥村宏著 >>記事全文
PRESIDENT Online
新自由主義の登場で規制緩和と国有企業の民営化が進められました。また、リーマンショックでも巨大銀行や巨大株式会社を公的資金、つまり国民の税金で救済する。ところが一方では、救われた側の企業経営者たちが巨富を得た。格差の問題もそこから露呈し、浮上しました」.

ご支援くださる方はクリック→