国会議員の育休2

「こどもを育てたい」はワガママですか?宮崎議員の例から考える
育休宣言をした宮崎謙介議員が、相変わらず苦戦していますね。

先日は育児休業を定める提言書の提出すら拒否されて(国対を通すという手順を踏むように、との建前ですが)、党国会対策委員会幹部からは「国会議員全体の評判を落としている」とのお説教までされてしまいました。
≪続きを読む≫[アメーバニュース]

先日このブログでも話題にした国会議員の育休についてです。

あまりニュースを見なくなってどうしたのかなあ、と思っていましたが、苦戦しているのだそうです。

記事は男性が育休を取ることの重要性を強調しています。詳しい内容は記事を見ていただくとして、次の一言が印象に残りました。

女性に当たり前に「働け」というのなら、男性が「育児をする」のも当たり前にしなければならないのでしょうか。

それはそうかな、とも思...

ご支援くださる方はクリック→