不妊治療はギャンブル

今日はこんな記事です。

<不妊治療>「まるでギャンブル」高額費用つぎこむ40代

いくつか数字が並んでいます。

・赤ちゃんの約4人に1人は35歳以上の母親から産まれている
・不妊の検査や治療を受けたことがある夫婦は、20~40代夫婦の6組に1組
・2013年に国内で行われた体外受精の件数は約37万件で、10年前の3倍以上
・調査では、不妊治療費に100万円以上を支払った人が、回答者の過半数
・40代前半女性の体外受精による出産率は、1回1~8%程度

すでに体外受精による出生数は4万人で、全出生数の4%に達しています。上の数字を見ても、不妊治療なしに日本の出生数は語れないということがわかります。

しかしながら、出生数4万人に対して体外受精件数が37万件ですから、成功率は約1割で、上にある通り、年齢が上がると確率はさらに下がります。

記事の最後の部分に...

ご支援くださる方はクリック→