需要のコントロールを諦めた途端に経済は歩みを止めるもの

『軽自動車販売、突如「大幅減少」の真相とは消費増税「駆け込み」期待に成算はあるか』「2015年の国内新車販売台数(軽自動車含む)は、前年比9.3%減の504万6511台だった。辛うじて500万台の大台は保ったものの、東日本大震災やタイ洪水の影響で部品供給網が寸断された2011年以来、4年ぶりの前年割れとなった。
特に、2015年4月に増税された軽自動車は16.6%減と大きく落ち込んだ。自動車業界は2016年の市場動向について、2017年4月の消費増税を控えた駆け込み需要などを期待しているが、若者の車離れなどもあり、どの程度回復するかは極めて不透明な状況だ。』
(2016年1月18日JCASTニュース)軽自動車市場が大きな岐路に立っているようだ。2013、14年と二年連続で200万台の大台を超えて過去最高の販売台数を更新していたが、昨年は一転して、17.9%減だった197...

ご支援くださる方はクリック→