融雪設備の改善

土曜日から日曜日にかけて、記録的寒波の襲来が予報されており、西日本でも大雪になる恐れがあります。


西日本は、日本海沿岸などの豪雪地域に比べて道路などの積雪対策が不十分なうえ、住民が雪に慣れていないため、厳重な警戒が必要です。


一方、豪雪地域では、道路の積雪対策として設置されている消雪パイプが問題になっています。消雪パイプとは、路面に水を流して雪を解かす設備で、水源には主に地下水が利用されています。現在、消雪パイプを頻繁に使用することによる地下水位低下が問題となっており、地盤沈下なども懸念されています。


そこで、政府の財政出動によって次のような対策を進め、豪雪地域と非豪雪地域の両方の問題を解決することを求めたいと思います。


豪雪地域における対策

節水型の消雪パイプへの交換を進めたり、水源として下水や雨水、雪解け水などを再利用する。


水を...

ご支援くださる方はクリック→