欲しいモノを躊躇なく買える世の中に

『自販機離れに悩むメーカーがとった「苦肉の策」』(NEWSポストセブン 1月24日(日)、
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160124-00000005-pseven-bus_all)上記のニュースサイトによると、消費税増税に伴う消費の減退やスーパーなど量販店との価格差による消費者の「自販機離れ」が起こり、販売チャネルとしての飲料自動販売機の在り方が踊り場を迎えているそうだ。一般社団法人日本自動販売機工業会が作成した「自販機普及台数及び年間自販金額(2014年版)」によると、日本には約503万台(台数ベースで対前年比1.1%、金額ベースで同5.0%)の自販機が設置されており、その内訳は、「飲料」256万台、「たばこ」23万台、「券類(乗車券等)」4万台、「カード類(プリカ等)」86万台、「自動サービス機(コインロッカー等)...

ご支援くださる方はクリック→