相撲攘夷論

昨日、大関琴奨菊が日本人力士として10年ぶりとなる幕内優勝をはたしました。来場所でも活躍を期待したいと思います。また、他の日本人力士にも頑張ってほしいです。


力士の国籍にあまりこだわるべきではないという意見もありますが、私は、日本の大相撲は日本人が中心となって支えていくべきだと思います。


自然災害大国である日本において、災害復旧で重要な役割を持つ土木・建築産業は外国人労働者に依存せず、ナショナリズムを共有する日本国民の手で担っていかなければならないのと同様に、日本の伝統文化を次世代に継承するという重要な役割を持つ相撲界は、国籍を問わず広く門戸を開放するとしても、基本的にはナショナリズムを共有する日本人力士が中心となって支えていくべきです。


そのためには、今後、日本人力士の強化に相撲界がより一層力を入れるとともに、それを政府が積極財政によって支援していくことが必...

ご支援くださる方はクリック→