大衆というものと言論というもの

はいコテヤンです。
最近も様々な場所でお勉強中なのですが、とあるブログ記事をご紹介いただきまして読んでいて「う~む…」となったのでコテヤンの経緯と経験も含めて書いていきたいなと。

様々なサイトで色々お勉強したり読んだりしてると、時々「うん?なんだろう…」と微かな違和感を覚えることがあります。
主に個人のブログで多いのですが、一見「すごく頭の良さそうな論」に見える時も多々あります。

まずもってその違和感がなんなのか?と言う結論から書くと以下の様な言説になります。
「大衆とは非本来的で大衆人なのだ(要は流されやすい思考停止)」

確かに上記のような現象がないわけではありません。
しかしこれを持って「大衆は馬鹿だ!」となるのはいただけません。
なぜならば現象としてはあり得るものの、それは一人ひとりの個人を「大衆というくくり」にして貶めている、というのが一点。

そ...

ご支援くださる方はクリック→