マイナス金利という墜落必至の最後の矢

本日の日銀金融政策決定会合で、マイナス金利導入という奇策が発表されたことを受けて、東証株価は乱高下し、新発10年物国債の利回りが0.135%を付けて過去最低水準を大幅に更新する動きもあった。『日銀、マイナス金利導入当座預金に0.1%手数料、物価目標達成は先送り』
(産経新聞 1月29日(金)12時42分配信)
“日銀は29日、金融政策決定会合を開き、追加緩和策として、民間銀行が日銀に預けている一部の資金に0.1%の手数料を課す「マイナス金利」を導入することを決めた。追加緩和策の導入で、原油安や新興国経済の失速を受けて企業が投資に慎重になるのを防ぐ。米国の利上げで新興国からの資金流出が懸念される中、日銀は投資家の不安解消も狙う。”日銀HPでは、今回のマイナス金利導入について次のような説明がなされている。
・金融機関が保有する日本銀行当座預金に▲0.1%のマイナス金利を適用...

ご支援くださる方はクリック→